1人で看護と介助を続けると、不安がふくらみがちです。その様な時はWebサイトに頼ってみるのがいい手段です。検索すれば介助と看護サービスのホームページや経験者によるブログ記事など、何らかの支えに出来るようなページが膨大にあるのです。ケアする人からすると、連帯感の無さは酷い負担の元になります。貴方ひとりで難渋する事を避け、皆で役割を分担するように家庭内で話してみて下さい。加えて何かしら助けてくれる人ですとかグチを打ち明けられる友人をつくってみると良いでしょう。暇のない介助・看護生活となると心的かつ体力的に負荷が大きく、ゴールが明確でない故に辟易する事もあります。しかし、共通の心労に苦しむ人も少なくありません。限界になる前に愚痴をはける所があることが大事です。