わたし達は何時いかなる時も災害等起きるがありる事はお分かりでしょう。

恐ろしいからと現実逃避するのをやめて、現況を見すえて着々と備えを進めていれば、喫緊の事態でも生存可能性や災害直後の生活の質(QOL)の向上が見込めるはずです。

罹災した後の天候については、誰にも分からない点です。

降雨のために身体がびしょ濡れになって、疲労困憊しては厄介です。

周囲の気温の低下でスタミナを失くしてしまうケースだってありえます。

防水シートを備えておいたり低気温を防げる素材のシートなどを見付け、買っておくのがおすすめです。

防災用具には、比較的小型でどんな場所でも煮焚きが可能な燃料等が市販され、簡単に入手出来ます。

楽しみながらそれらのツールにも慣れ親しんでおく事で、非常時にも自分の家族や周りの方をも救う事もできる訳ですから、リサーチしてみると良いでしょう。

http://www.emmezeta.org/